のあしぐまのぐだぐだ投資日記

怠惰な人でも米国株&ETFを買い続けるだけで資産が増やせることを証明するためのブログです。

AmazonとGoogleをポートフォリオに入れようと思ったけど止めました

 

 絶好調(ガスト・ノッチ)! のあしぐまです。

 

 

 最近ブログ更新せずになにやってたかって?

 

 うん、最近はちょっとやらかしたせいで同僚に「ご、ごめんなさい……(震え声)」って謝って、何とか(表面上は)機嫌直して貰ったりしてたよ。(小学生並みの言動)

 

 何も考えずに話すと、口から出てくる日本語が捩じれ狂うの、本当に何とかしたいと思っています。のあしぐまです。とりあえず深呼吸!(からのヨッシャではない)

 

 さて、今日は題名の通り、二大FANGを入れなかった話です。

 

 

 

 

代わりにVTIとBRK入れたけどな!

 

 

 うん、そうなんだ。すまない。これなら迷わずに全部の成長を取り込めるからそうしたんだ。すまない。

 

 これがポートフォリオだ。すまない。どんどん増えていってるんだ……。

 

 

f:id:norshiguma:20171128225715p:plain

 

 

 最初は適当にセクターETFで投資しようと思っていたんですけど、GICS改定のニュースを知って、今後また途中で色々変更されて成長を取りこぼすのも面倒もったいないと思った次第です。

 

 うん、でもね。AmazonとGoogleをポートフォリオに入れるだけで良くね? って思わなくもなかったんですけどね。

 

 でも、ふと思ったんですよ。そもそもグロース株に投資する必要無くない? って。

 

 

 私は配当金が欲しいんですよ。配当が。

 

 

ドリフターズ コミック 1-5巻セット (ヤングキングコミックス)

新品価格
¥3,015から
(2017/11/28 22:22時点)

 

(具体的に例えるなら妖怪クビおいてけくらい欲しがってる)

 

 

 何のかんの言って、総資産を伸ばすならグロース一強みたいなんですよ。(色んなブログやら本やらを見て)

 

 けど総資産額で殴り合いし始めたら、そりゃあお医者様でバークシャーのA株をバンバン買ってた人には勝てませんよ。もしくは(居ないとは思うけど)全財産を上場直後のライザップに注ぎ込んで今の今までガチホしてた人とかね。

 

 

 っていうか、そんなこと言い出したら私、仮に投資を続けてもカジノで一発当てた人にも勝てませんよ……。

 

 

  海のリハクばりに節穴な目の持ち主なので、グロースには向いてないのです……。

 

 

 それよりは、気ままに配当を貰いながらゆったりと投資してきたいのです。

 

 

じゃあ何でBRK? そもそもバフェットリスクは?

  

 とりあえずバフェットリスク(いま適当に作った造語)から説明しますね。

 ……といっても一言で終わるんですが。

 

 

 ズバリ、バフェットが身罷られた場合のリスクです。

 

 

 まぁ、皆様ご存知の通り、「オハマの賢人」として知られるバフェット翁は高齢です。いかに空前絶後(わりと本当に空前絶後)の投資の力量を誇るバフェット翁といえども寿命が伸ばせるわけではありません。っていうかバーガー食べまくってコカコーラ飲みまくっているのによくこんな長生きできたな……。

 

 

 で、そういったわけで、バフェットが居なくなった後はバークシャーハザウェイの株価が暴落すると見込んでいます。(少なくとも大きな調整はあると思われる)

 

 

 常日頃からツイッターで(といっても大抵はどうでもいいこと呟いてるけど)ワンマンでなくなっても安定している企業に投資するべきだのなんだの言ってますが、その理論でいけばバークシャーはそれに当て嵌まりません。

 

 

 しかし、バフェットには後継者がいます。

 

 

 最終的に誰を後継者とするのかははっきりしておりませんが、彼らはバフェットが後を任せるに足ると判断した相手です。

 

 

 なら大丈夫じゃないかな、なんて思います。そもそも色々なデータから見て、バークシャーは投資だけで稼いでるわけじゃないですからね。バフェットリスクによって全部の事業が水泡に帰す、なんてことはありません。

 

 

 だってそういう風にならない企業が永続的な堀を持ってるってことなんですから!

 

 

 よくよく考えれば、常日頃から言っておきながら自分の会社には永続的な堀なんて無いとか言い出さないでしょう、たぶん。言い出したらごめんね。

 

 

 仮に後継者が全然パッとしなかったとしても、配当を出す安定した企業になるんじゃないでしょうか。たぶんですけど。これだけ伸びてる会社がたかだか一経営者が死んだくらいでどうこうならないと思います。さすがに育ててるでしょう。

 

 

 敢えてガチャで例えると、SSRがバフェットだとすると、後継者は最低でもSRかR+くらいじゃないでしょうか(誰に分かりやすいんだろうこの例え)

 

 

 バークシャーはバフェットだけの企業ではないので、多少成長が衰えたとしても大丈夫じゃないかなというのが私の読みです。

 

 

 50年先まで生き残ってるでしょう。

 

 

 多くの投資家が「まず生き残ることが大切」みたいなことを口を酸っぱくして言ってきてるので、50年先まで残っていそうな企業に投資し続ければ儲かるでしょう。基本的に私はそういう企業に投資しています。

 

 

 ……止めて! うちの子(RDSとIBM)を見ないで! 見ないであげて!

 

 

 一部微妙な未来が待ち受けてそうな企業もありますが、まぁ、ほら、多少は冒険したいし、みたいな、ね?(BRKとVTIを銘柄に追加した主な原因)

 

 

 

バークシャー・ハサウェイ(BRK.A/BRK.B)という温室 – 永久投資家の米国株投資物語

 

 

 

 あとこちらのブログの記事を読ませて頂きました。うん、こういうのを見るだけでもバフェットが死んだ後も稼ぎ続けてくれる気がしますね!

 

 

あと楽天カードが届いた。証券の書類も届いたので返送する。

 

 パンダデザインは良いね。楽天パンダは、かわいい。(直球)

 

 

 届いて早速使ってみました。今までほとんどカードは使ってこなかったので、これからはちょくちょく使っていきたいです。とりあえずは電気代、とか……?

 

 

 あとは楽天証券の書類が今日届いていたので、さっそく記入してみようと思います。

 

 

 そのうち楽天VTIにもポイントで投資するぞ!

 

 

 のあしぐまでした。